スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。

某爺に触発されラノベ感想。
ちなみに半年振りに買った。
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫 よ 4-1)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫 よ 4-1)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る



ちなみに、作品は電撃大賞〆切り1ヶ月前に書き始めたとのこと。

感想といってもあらすじ+なにかなので期待しないでくださいな。
そもそも感想でもないがなに、気にすることは無い。

---------------------------------------------
舞台は「喪失症」が蔓延した世界。
そんな世界を一台のスーパーカブが走っていた。
乗っているのは「少年」と「少女」。
目指すのは世界の果て。
---------------------------------------------
人物名や町の名前が一切出ててこないため読みやすいです。
最後のほうの「少女」の暴走っぷり除けばなかなかかと。
しかもパンチラもあるよ><

間違いなくほれたのはボス。
飛行機をつくながらもいい男。喪失症進みながらも最後までいい男でした。
それに変わって少年はリア充臭ぷんぷんするんですがね。
夜這いかけるとかさすが性少年。

設定が設定で続編は無理そうですね。

2008-03-22 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

蒼空

Author:蒼空
てんこあいしてる。

カテゴリー

月間アーカイブ

ブログ内検索

フリーエリア

あま*カル合同バナーキャンペーン開催中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。